不動産投資なら物件選びは慎重に

バナー

不動産投資なら物件選びは慎重に

不動産投資を始めるのであれば物件選びは慎重になったほうが良いです。
どの物件で不動産投資をするかでリスクが異なってきます。



初心者はしばしば利回りや価格の安さに目が行きがちです。

中古ワンルームマンションやアパートの場合、全く同じものはありません。

そのため、比べにくいところはありますが、統計的にリスクの小さい物件、リスクの高い物件というものがあります。



いろいろな選択基準がありますが、最も基本的なことはエリアです。いくら魅力的な建物でも、山奥に建設されてしまったら都心と同じ賃料で賃貸することはとても無理な話です。


また、入居者希望者も少ないことは明らかです。不動産投資をするにあたって選ぶべきエリアは人口が増えているところです。
日本の人口はすでに減少をし始めていますが、全国各地で万遍なく人口が減少しているわけではありません。

人口が減少しているところはその速度が加速し、人口が増えているエリアは緩やかに増えているのです。


具体的に人口が増えているエリアは、東京23区です。今、東京23区は再開発が進められ、魅力が増しています。

郊外に広大なキャンパスを持っていた大学も、最近は都心回帰をし始めています。
また、鉄道網も整備されています。

東京23区内の物件と郊外の物件では、販売価格に大きな差がありますが、これは利便性を反映していると言えます。

つまり、利便性が資産価値になっているのです。



自分も幾つかの中古ワンルームマンションを保有していますが、東京23区内の物件よりも、郊外の物件の方が、家賃の下落が大きいです。

もしも、これから中古ワンルームマンションなどで不動産投資をするのであれば、東京23区内の物件をお勧めします。目先の投資利回りに惹かれて、郊外の物件を購入することだけは避けましょう。
もしも、資金的に余裕が無いようであれば、中古ワンルームマンションなどでの不動産投資よりも不動産投資信託を保有することを考えてみると良いです。

あなたに合った条件でアクセス | 皆成建設株式会社の最新情報を掲載しています。

納得の店舗情報 | 東大阪市の不動産 新築一戸建て・中古一戸建て・中古マンション・土地|不動産はグッドワンホーム株式会社情報が手に入ります。

芦屋の一戸建て情報をお教えします。